ABOUT

私たちのストーリー

序章

創業者 田沼文蔵は、戦争で亡くした部下の霊に報いるため「社会に役立つ仕事がしたい」という熱い想いを持ち続け、慶應義塾大学予科の学生寮(現在の川崎市登戸)で学生の食事の面倒を見る仕事を引き受けました。 戦後間もない食糧難の時代、必死で食糧を調達し、お金のない学生には無償で食事を提供したことも。 「人に喜ばれる仕事がしたい」という想いを日本の将来を担う学生達とともに歩みだしたことが私たちの原点です。

1947-1965
Episode of history01

社是の制定

Alt

社是に込められた思いとは−。

文蔵は学生たちの身の上相談にも乗り、正月に帰省できない学生がいれば我が家に呼んで一緒に年を越したことも。奉仕の心が助け合いの精神を育み、温かな人と人との交流を経て卒業した学生たちは、高度成長期を迎え大企業の管理職になり、「社員食堂はぜひグリーンハウスで」と声をかけてくれたことが、学生食堂から社員食堂への事業拡大の転機と後押しになりました。情けは人のためならず、この時の教訓から今につながる社是が生まれました。
「人に喜ばれてこそ 会社は発展する」

Alt 食堂内の事務所にて仕事する田沼文蔵(1952)
Alt 陸軍中尉時代の田沼文蔵(右)
Alt 創業の地、慶應義塾大学
第1章

レストラン事業の開始

さかのぼる1954年慶應義塾日吉校舎の食堂運営が軌道に乗り、有限会社としてスタートしたその年、慶應義塾から創立100周年記念事業として食堂の地に記念館を建設するため、食堂の立ち退きを求められました。文蔵の熱意で代替地の提供を受け、取り壊しから1年後に食堂は再開されましたが、建物再建の資金調達や従業員に暇を出さなければならなかったことなど、受託業務の厳しさを身に沁みて感じた文蔵は経営基盤の強化としてレストラン事業への進出を考えるようになります。
新宿副都心構想が持ち上がり、第1号案件としてとんかつ店を第2号案件として高級中国料理店を出すと決めた文蔵。1966年12月新宿副都心第1期工事の完了に合わせてとんかつ店「さぼてん」1号店が小田急百貨店地下名店街にオープン、1967年1月に中国料理「謝朋殿」が新宿に出店しました。その後「さぼてん」は1970年に吉祥寺店、72年に中野店、錦糸町店、千葉店と店舗の拡大が始まり、中国料理「謝朋殿」も1970年に貿易センター店、73年に厚木店を出店、日本各地への多店舗化が始まりました。

1966-1986
Episode of history02

“さぼてん” の由来

末永く人々に親しまれる存在になりたい。

レストラン進出の準備をしていた頃、文蔵夫妻が海外研修旅行で目にしたのが、砂漠の中で少量の水でたくましく生き抜いていた植物のサボテン。どんな環境におかれてもたくましく生き抜く生命力にあやかって命名されました。 東京・新宿の1号店はメキシカンムードの内装を採用していました。

Alt 1966年当時の「とんかつ新宿さぼてん」ロゴ
Alt 現在の「とんかつ新宿さぼてん」ロゴ

「金鯱(きんしゃち)」という種類のさぼてんをモチーフに家紋のような形状の現在のロゴには高品質で洗練されたイメージと、太陽のような形にお客様に対していつも輝いていたい、という想いが込められています。

第2章

〜多業態化とアジア進出への基盤づくり〜

多店舗化を進めていた「とんかつ新宿さぼてん」の大きな転機となったのが、1987年の「デリカ平塚店」の出店に伴うデリカ事業の開始。“レストランの味をご家庭で”というキャッチフレーズで、さぼてんがより多くのお客様に愛されるきっかけとなりました。1995年には100店舗、翌年には200店舗目を出店と急速に店舗が拡大します。 また、30年間培ってきたノウハウを生かした新しい業態として1998年に「西安餃子」、2001年に「粥餐庁」がオープンし、多業態化が本格化することになります。
コントラクトフードサービスのグリーンハウスが1991年韓国のLGグループの㈱LG流通(現OUR HOME)と技術提携契約を結んだことが縁で10年後、「日式」と呼ばれる日本食ブームが起きていた同国での進出に向け、同社とさぼてんブランド導入の技術供与契約を締結。ソウルに1号店をオープンしました。

1987-2001
Episode of history03

デリカさぼてん1号店の誕生

当時、女性の社会進出が進み、“夕食を買って帰りたい”というニーズに応える形で、店頭で調理しお持ち帰りいただくというデリカ業態の店舗(ラスカ平塚店)が1987年に誕生しました。“レストランの味が家庭で楽しめる”とたちまち話題になりました。

Alt デリカ1号店
Alt 現在の同店舗
第3章

〜更なるグローバル展開へ〜

バランスよく健康的な日本食への関心はアジアを中心にさらに高まっています。グリーンハウスフーズは2004年に台湾、2008年にタイ、2010年にシンガポールに出店し海外展開が加速します。2013年には中国本土(北京)にも進出、現在では、10の国・地域に120店舗以上を出店しています。
2005年には㈱ロマーナフードサービスよりイタリアンレストランなど洋食業態5店舗を譲り受け、2013年には三井不動産㈱が保有する㈱キャニーの全株式を取得、和食から中華、洋食までさらに幅広い業態・ブランドを展開することとなりました。

2002-
Episode of history04

世界で評価された先進の店舗デザイン

スパニッシュダイニング Ricoは、2015年のLICC(London International Creative Competition:英国)、2016年のA’ Design Award(イタリア)、American Architecture Prize2016(米国)、2017年の「German Design Award 2018」という4つの国際的に権威のあるデザイン賞を受賞。スペインの各都市を連想させ、エリア毎にテイストを切り替える独自のインテリアデザインが、自慢のイベリコ豚料理やスペイン各地の伝統的な料理をベースにしたさまざまなメニューとともに注目を集めています。

Alt
Alt
Brand Search Topics

Brands

Close

とんかつ業態

中華ダイニング

その他