COMPANY

会社案内

食を通した健康貢献企業へ

食を通した健康経営の実践

グリーンハウスグループは、

社是「人に喜ばれてこそ会社は発展する」の下、
食を通し皆さまの健康を支える健康貢献企業を目指します。

健康企業宣言

2016年4月、グリーンハウス・グリーンハウスフーズ等グループの健康経営の実践のため、「社員の健康増進で、いきいきと活躍できる職場と生産性向上で業績改善を実現する」とした健康企業宣言を制定しました。
これを実践するため、Chief Health Officer(最高健康責任者=CHO)を設置し、従業員が主体的に健康づくりに取り組める環境整備を進めるとともに、食を通した健康の実現を図り、お客様の健康にも寄与していくことを目指しています。

健康経営戦略

食を通した健康貢献企業を目指す当社にとって、従業員が健康であることが大前提と考え、「社員の健康増進で、いきいきと活躍できる職場と生産性向上で業績改善を実現する」とした健康企業宣言を制定。
生活習慣病や喫煙率の高さ等を大きな課題ととらえ、健康経営に取り組んでおります。 健康経営で解決したい健康課題、期待する効果、具体的な取り組みのつながりは以下の通りです。

ウェルネスプログラム推進委員会を核に活動

2018年1月にグリーンハウスフーズを含むグループでは、「グリーンハウスグループ働き方改革 企業宣言(ウェルネスプログラム)」を発表。これに基づき、社長を委員長、健康経営推進室を専任部署とするウェルネスプログラム推進委員会を立ち上げ、具体的な活動を進めています。

グリーンハウスグループ 
働き方改革 企業宣言

グリーンハウスグループは『食を通した健康貢献企業』を目指していきます。
従業員が健康を維持し、増進を図るための「ウェルネスプログラム」に全社で取り組みます。
①長時間残業の徹底改善
②有給休暇の取得推進
③健康診断受診率100%
④健康増進の習慣化(肥満防止・運動・休肝日・禁煙)
⑤ウォーキングなどの健康イベント 
⑥「あすけんアプリ」の活用

以上の取り組みについて、オリジナル指標を用い数値化した『GHG健康経営度ランキング』を活動組織別に社内公表し、ウエルネスプログラムの推進を図っている。


健康推進責任者

各職場の『Wellness Being』を高める推進責任者。ウエルネスプログラムの実践を通して、社員のエンゲージメントを高めること(楽しく働く職場づくり)につなげていく。

健康推進担当者

健康推進責任者の指示に従い、各職場の『Wellness Being』を高める実行推進者。
ウエルネスプログラム推進委員会との連携窓口として、実務推進に必要な情報共有を行い、各職場への情報発信と目標達成のための施策を推進。

専門性を活かした社員の健康づくり

グループに在籍する2,000人以上の管理栄養士・栄養士のノウハウを活用したダイエットアプリ&ウェブサービス「あすけん」を利用したダイエットプログラムやウォーキングイベントをはじめ、グループ社員が楽しみながら参加できる健康イベント、セミナーなどを実施しています。
また、働き方改革と一体となった健康経営を進めるべく、残業削減、有給休暇の取得推進や健康診断の受診の奨励、健康増進の習慣化を経営トップの方針として実施しています。

グループの管理栄養士による
健康セミナーを開催

LINEなどを活用したプログラムにバージョンアップ。
毎年約30名が参加し、体重減にプラスして、腹囲減にもチャレンジ。
(2023年目標達成64%)

参加者より要望の多かった
春・秋の年2回開催へ
グループ全体で約9,000名が参加

食事の記録を通して、健康的な食行動への意識を高めるイベント
「朝食を毎日食べる」「副菜量を増やす」をテーマにチーム対抗戦で開催

禁煙サポートへの対応

『あすママコース』とは
妊娠・授乳期の女性の健康的な食事・体調管理をサポートする新しいアドバイスコース

女性特有の健康課題をサポート(2022年度利用状況:852名)
   ① WEB&アプリ版グループ社内報にて社内外リソースを活用したセミナー配信
② グループ会社『あすけん』にてサービスを提供している”あすママコース”を社内でも展開

 

イベント参加者の声
【 管理栄養士によるダイエット(体重減・腹囲減)企画への参加後アンケートより 】

・ダイエットはひとりではなかなかできなかったので、栄養士さんに寄り添っていただいたおかげで達成できました。
・普段の食生活について意見を頂いたので参考になりました。
・無理なく取り組める目標にしていただいたので頑張れた。
・こちらの質問に親身に回答いただき、分からないことが理解でき、大変良かった。

【ウォーキングイベント参加後アンケートより 】

・自身の運動や、ウォーキング・運動への関心が高まった。
・チームで楽しく取り組めた。
・職場のコミュニケーションが向上した。
・よく眠れるようになった。
・体調が良くなった。
・体重が減った。

【 禁煙サポート企画 参加後アンケートより 】

・「喫煙の場所や時間を気にしなくてよくなった」と友達に言われ、気を使わせていたことに気が付いた。禁煙は、良いことばかり(時間が増える、咳がなくなる、お金は貯まる、臭いがつかない、カフェに入らなくなった)“タバコミュニケーション”という言葉がありますが現状困っていません。
・あの飲み薬はすごいですよ!吸いたくならないですから。
・「とりあえず今日1日だけ禁煙してみよう」を毎日続けて乗り越えました。気軽に始めてみるといいかもしれません。

【 あすけんレース 参加者アンケートより 】

・自身の食事の傾向が分かり、食事全般を気を付けるようになった。
・朝食を毎日食べることや朝食の内容を見直そうと思う。
・野菜を意識的に多く食べるようになった。
・チーム内でのコミュニケーションが増えた。

就業時間内禁煙の実施

■2017年発表の国民健康・栄養調査で、全国の喫煙率が約18%のところ、当社では約36%と大変高い喫煙率でした。
早急に禁煙対策が必要と考え、まずは「やめたいと考えている喫煙者(2017年発表国民健康・栄養調査27%)」の数値を参考に
禁煙をサポートし、喫煙率の減少に取組むことといたしました。

■2022年に喫煙率30%を目標に掲げ、禁煙外来費用補助など禁煙サポートなども行いながら、
2020年10月1日より「就業時間内禁煙(休憩時間を除く)」を開始いたしました。
グリーンハウスフーズグループは「健康貢献企業」として、
社員の健康と誰にとっても働きやすい職場づくりを進めるため、積極的に禁煙を推進していきます。

ヘルスリテラシーの向上

 

毎月15日を「明日の健康を考える日」として
健康メルマガを全社に配信

WEB&アプリ版社内報Espri-Netで
定期的に健康セミナーを配信

労働安全衛生に関するコミュニケーションの状況

・毎月行われる管理職会議内で、健康診断・特定保健指導、ストレスチェック、労災防止のためのストレッチなど、情報発信と質疑の場を設けている。

健康課題と効果検証
効果検証指標はこちら

健康経営関連の社外認証

2018年・2019年
『スマートミール』 認証

レストラン・デリカの事業において、おいしさに加え、健康づくりにも貢献する食事が認められ認証

 

2019年~連続受賞
『スポーツエールカンパニー』
『東京都スポーツ推進企業』

従業員のスポーツ活動の促進に向けた取り組みやスポーツ分野への支援の実施が評価され認定

 

2023年3月 『健康経営優良法人2023 大規模法人部門』 認定

グリーンハウスフーズをはじめとするグループ5社は、日本健康会議が実施する

「健康経営優良法人認定制度」において、3年連続認定されました。

 

 

ウェルネスプログラム:スローガン

みんな元気で
気持ちよく
すすめようWellness Being 2023

共に働く従業員全員が、
身体的健康管理に励み、
ストレスの少ない
精神的健康状態にあり、
お互いに気持ちよく
仕事に専念できる
職場環境つくりを目指す!

 

「心と体に健康がもたらす、
はつらつとした生活のために。 」

グリーンハウスグループがお客様に提案する健康への取り組み「Wellness Being」を推進スローガンに掲げ、「健康推進責任者」「健康推進担当」を中心に各職場での取り組みも進めています。

Post 1

ごあいさつ

Post 1

事業紹介

Post 1

会社概要

Post 1

海外展開

Post 1

食を通した健康貢献企業へ

Post 1

グリーンハウスグループ環境方針

Brands

Close

とんかつ業態

中華ダイニング

その他

Search

Close

Topics

Close